腰痛 原因 脊柱管狭窄症/目黒区自由が丘美容鍼・鍼灸整体院はりきゅうSOULAGÉ自由が丘

東京都目黒区自由が丘1-24-6 山本ビル302
営業時間 10:0021:00 最終受付20:00
Tel 03-5726-8618

美容鍼・鍼灸・整体・リラクゼーション・産後骨盤矯正・逆子 東京都目黒区自由が丘・女性のための鍼灸整体サロン

自由が丘鍼灸院はりきゅうSOULAGÉ自由が丘のロゴ写真1

東京都目黒区自由が丘1-24-6 山本ビル302号室
東急東横線・大井町線自由が丘駅徒歩3分

TEL
03-5726-8618
最終受付:20:00 日祝祭日営業

腰痛 原因 脊柱管狭窄症/自由が丘鍼灸院はりきゅうSOULAGÉ自由が丘

腰痛の原因 脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは神経の通り道である脊柱管が過労や生まれつきなどの原因により、管の幅が狭くなってしまうこです。脊柱管を通っている神経や血管を圧迫しますので、腰痛下肢のしびれ、疲労感など様々な状態を引き起こします。
主な原因として、腰骨事態が変形するもの、
腰骨を固定している黄色靭帯の肥厚、椎間板の肥厚、腰椎がずれてしまうすべり症、などによって引き起こされます。年齢を重ねるとともに、椎間孔は狭くなっていきます。
椎間板ヘルニアは前屈(前かがみ)姿勢をとると症状が悪化しますが、
脊柱管狭窄症は前かがみになると楽になりやすいのです。逆に腰を反らせる動作をすると痛みが出てきます。
脊柱管狭窄症のもう一つの特徴として
間歇性跛行(かんけつせいはこう)というものがあります。この間歇性跛行とは、立ったままの状態や、しばらく歩くと足がしびれたり、痛みを伴ったり、こわばり、つっぱり感が出ても前かがみ姿勢をしてしばらく休むと楽になる、という特徴を持っています。
この間歇性跛行が出ている場合は、狭窄症を疑います。
辛くなる部位として足のすね、臀部(お尻)、太ももの裏側、
足のしびれ、痛みこわばりを引き起こします。
腰椎の狭窄症の影響で背部痛や肩こり、肩甲骨あたりの痛みや、コリの原因となり、首への影響も考えられます。

脊柱管狭窄症によって影響を受ける筋肉に対して整体施術、鍼灸施術を施した施術をご提供させていただきます。

ご相談くださいませ。