34週に入った妊婦さんの逆子鍼灸治療の症例


妊娠34週の妊婦さんの逆子鍼灸治療をさせていただきました。


30代前半の妊婦さんのS様で34週に入ったばかりの方でした。当サロンに看板を見て飛び込みでお越しになれた妊婦さんで、その表情からは不安でいっぱいなのが読み取れるほどでした。飛び込みでお越しになられたときは施術に空きがなかった状況から、次の日にお越しいただきました。

34週というと産婦人科の先生からも「帝王切開」と粛々と準備されてしまう週ですよね。当院でも残念ながら逆子が戻る確率は高くはない、とご説明をさせて頂いてからの逆子治療となりました。

S様は逆子の妊婦さんによくある「冷え」が原因ではない状態でした。妊娠する前の骨盤の状態や姿勢に関してはわかりかねますが、今現在の姿勢としては「ねじれ」が原因ではないのか?と考えました。


ねじれが原因?

まず手足、お腹、背中と触診させていただいても「冷え」は感じません。問診時でも「冷えを感じたことはない」とお答えいただいていたので、まず冷えによるものは除外いたしました。

そこで座った状態ではありますが座り方、前後方向への体重のかけ方、左右、ねじれ方向と観察すると、右のお尻に負担がかかっているように思われました。そこで立っていただいて、足裏にかかる具合を観察すると右のほうに極端に重心がかかっています。

肩周りを観察すると左の肩先が胸側に巻きこんでおられ、腕の付け根、胸骨、脇あたりに強い緊張が見られました。もちろん、このデコルテあたりは左右ともに硬い傾向なのですが、左のほうにより強い緊張が見てとれました。スラージュの整体でいうところの「捻れ体型」に属します。

ねじれ体系は自律神経が乱れやすく熱の排出や保温がうまくいかない時があり、冷えすぎたり、暑すぎたりといった極端な傾向にでることがあり、S様は「暑がり」傾向にありました。

熱の排出がうまくいかないことにより体の中に余分な熱を溜め込み、さらにその熱が体の中で分散せず手足、腹部にたまっている傾向でもありました。これは捻れると体の要でもある腰回りの筋肉の左右差不均衡さが生まれて「頑張りすぎる筋肉」「頑張れない筋肉」と差が出てしまっている傾向です。

他にもねじれ体系だと「腎」に影響が出やすいこともあり、腎に対する物理的圧迫を減らすために体を捻って「くつろぎの姿勢」をとってしまいがちになります。

腰が痛いときは体を捻ってストレッチをされるかと思います。その軽いねじれストレッチを常に行ってしまっているのです。名前からして「くつろぎの姿勢」と聞くとなんだか体に良さそうな姿勢?と思われがちですが実はそうではありません。体が疲れているから常にストレッチをしている姿勢なのです。したがって、良い姿勢ではないのです。

S様も常に捻っている傾向にあるので血流が十分でないために、動脈血と内蔵に戻す静脈血の流れが滞り気味になり、それが余計な熱を溜め込んでしまっている様子でした。もちろん「ねじれ」ているわけですからお腹や骨盤に対する「物理的な圧迫」もあります。



逆子に良いとされる「至陰」「三陰交」

逆子の鍼灸治療には「至陰」と呼ばれる、足の小指の爪の生え際にあるツボを温めると良い、とされています。実際、至陰はよく聞くツボで、ここにお灸や指で圧刺激をするだけで、逆子が治ってしまうことも多々あります。しかし、S様に至陰、三陰交を刺さないタイプの鍼でもある「鍉鍼」(ていしん、と読みます)でチェックをしても赤ちゃんは微動だにしません。通常、足の甲や外くるぶしの辺りなどを軽めに刺激すると赤ちゃんが反応してくれることが多いのですが、まったく反応なしでした。

反応がないので至陰や三陰交だけでは逆子は治らない、と判断しお体のチェック後に、右のお尻に刺激を入れると赤ちゃんの反応が良くなります。そこで至陰、三陰交などの基本のツボを抑えつつも、お尻にもお灸、鍼にて逆子治療を行いました。

上半身のねじれにも対処した方が良いので、左のデコルテに細い鍼を施し、胸の真ん中にある膻中穴にお灸を施しました。この逆子治療の方法は整体師の観点からも考察いたした結果です。

それでも34週でもあるので、治りやすいとは言いにくい状況です。むしろかなり難しい時期に入られていたので、一回や二回では無理かな?と考えていたのですが、3回の治療後に逆子が治った!とのご報告をいただき、ホッとすると同時に人間の治す力ってすごいな!と驚いた次第でもあります。

■34週でも逆子が治る方もおられます。さらに帝王切開予定日の前日に治る方もおられます。まずはあきらめずに、施術を行っていきましょう。

逆子治療のみですと
お灸、鍼代込みで¥5000円で承ります。


■スラージュでは逆子治療の他にも妊婦さんの腰痛や妊婦さんの肩こり、坐骨神経痛などによる妊婦さんのお尻痛などの鍼灸、整体施術も行っております。色々な施術の組み合わせができますので、まずはご相談ください。


■逆子でお悩みの方はドラッグストアにも売っているお灸でセルフ逆子治療をされるのもおすすめです。
基本的にお灸は火を扱いますので、小さいとは言っても燃えているものを体に据えるのですから「火傷のリスク」を考えるようにされてください。

ドラッグストアに売っているお灸は台座が付いているタイプのものですので、お灸である「もぐさ」をそのままお肌に置くわけではないので火傷のリスクは減りはしますが、ゼロでありません。煙も出るのでカーテンや壁紙にタバコと同じヤニやニオイが着いてしまい、中々取れません。セルフでもお灸のデメリットはニオイと煙だと思います。

ネットで煙の出ない無煙・無臭のタイプもあります。「お灸 無煙」で検索されてみてください。

火傷防止にはお灸を置く箇所の水分、皮脂をエタノールなどで消毒してからおこなうようにしてください。アルコールが苦手な方は汗などの水分だけでも拭き取って乾燥した状態で行ってください。お灸が熱くて取る場合には、お灸自体がかなり熱くなっています。綿花などに水を含ませたものをそばに置いておき、取る直前に濡れた綿花で指を冷やしてから取ると熱さが軽減されます。他にもお灸の灰が落ちて火傷する可能性もあるので、十分に注意して行うようにされてください。

お大事に


■関連記事
・逆子改善の妊婦さん

・逆子治療の鍼灸整体

・ マタニティ鍼灸のおすすめ

自由が丘の鍼灸整体 はりきゅうSOULAGÉ自由が丘
東京都目黒区自由が丘1-24-6 山本ビル302
TEL 03-5726-8618


Homeに戻る

マタニティ(妊婦)鍼灸整体

逆子の鍼灸治療

当サロンへのアクセス

メニュー・料金はこちらへ