当院にお越しいただいた最初は、明後日にでも海外へ音楽留学にいくので、なんとかならないか?ということでお越しいただきました。その際に、超音波治療器のリクエストも頂いておりました。

どうやら今までも整骨院さんで柔道整復師による電気療法をお受けになられていたご様子で、超音波治療機器の効果を身を以てご体験されていたようです。Y様の状態は、最初は左手の甲側の薬指、第二関節の痛みでありました。この症状は整形外科にて「腱鞘炎」との診断をされていました。




腱鞘炎ってよく聞くけどどういったものなの?

腱鞘炎はよく聞く病名ですね。腱鞘炎とは、腱とそれを押さえる鞘(さや)からなる病気です。私たちの指は腱によって動きが生まれるわけですが、この腱というのはとても強くギターの弦のようにかなりの張力で存在しています。

張力が強いわけですから支えないと弓なりになってしまいます。そうすると腕に中に収まりません。鞘は腱が飛び出さないように抑える役目をしているわけなのです。抑えているということは腱と鞘は触れ合っています。腱が動くとこすれて摩擦が起きます。この摩擦が起きないように潤滑剤の役目をする物質が放出されてなめらかに動くわけなのです。

過度な動きにより滑らかにする物質の供給が減少したり、擦れている部分が物理的に挫傷してしまうと炎症が起き、痛みや滑らかさが失われてきます。

これは細かい作業で指先をよく動かしている方やピアノやギターなどの楽器演奏者、調理師さんに多く見られる痛み症状です。状態によってはバネ指になってしまう方もおられます。




腱鞘炎にはどのような施術をするの?

腱鞘炎も血液の循環を促すことにより、組織の修復を促すことで回復方向へと導いていきます。鍼以外にも整体手技による、神経系、筋肉系、関節調整を行なって各々の組織が十分に回復へと向かえるようにしていきます。労宮というツボもとてもよく効いてくれます。

さらに、炎症があり痛みがひどい時は、超音波治療器による調整が有効となることがとても多くあります。

ハイボルテージ 通電にて痛みにアプローチし、超音波で組織を揺さぶるマッサージ効果で血流改善方向、さらにマイクロカレントを加えて組織修復を早めるようにアプローチしていきます。




マイクロカレントとは?

人の体は微弱な電流を発生させて動いています。そして怪我をしたりした時に、その受傷部位の修復を促す電力を発生します。この修復のための電力に近い電気を流すことで、組織の修復効率を高めるための方法がマイクロカレントなのです。

怪我をした部位の回復には電気が必要ですが、電気を強くすれば良いというものではありません。ちょうど良い塩梅に調整してくれるのがマイクロカレントなのです。

Y様の場合はピアノの練習量が半端ではないために、若いといえども腱が悲鳴をあげてしまって痛みがかなり出ている状態なのです。ピアノの演奏者は手首や指先だけでなく、腰、首、肩周り、肩甲骨など意外と多岐に渡った筋肉を動かすことが多い楽器です。このように酷使してしまっていたにもある部位に超音波コンビネーション施術後にマイクロカレントを流す「シーケンシャル超音波施術」がとても大事になります。




音大生Y様のお身体の状態

Y様もまだ19歳ですが肩こり、首こり、背中、デコルテにかけてコリ、痛みを自覚されておられました。さらにいうと、姿勢があまりよろしくなく、猫背気味で肩先が前側に回り込んでしまっている姿勢です。これでは指先に行く神経や血管を圧迫して潤沢な流れを確保できない状態でもあります。

そういったことから指先へのアプローチを最優先としながらも、首、肩周り、デコルテ部位に鍼を施術していきます。指の関節への鍼は美容鍼時に主に使用するお顔用とも言える短い鍼で関節への施術を行います。これは関節への鍼は深くは物理的に刺せないので、短い鍼でないと鍼のたわみで皮膚などへの負担を減らすためです。短い方が重さがかかりにくいために、鍼刺激への集中力が高まります。



コンビネーション超音波施術

超音波治療器具はオリンピック、パラリンピックなど、かなり高度なスポーツ選手に帯同しているトレーナー鍼灸師、柔道整復師などから絶大なる信用を置かれている機械です。試合やレース、競技、演舞後の筋肉回復目的、関節の炎症を抑える、捻挫や打撲などの治癒促進のためなど多岐にわたるモードがあり、携帯性も優位なのでスポーツの現場ではなくてはならない器具なのです。

超音波治療器具は腱鞘炎、寝違え、ぎっくり腰、捻挫、肉離れなどダンスや楽器演奏、スポーツ後のメンテナンス、施術にとても役立ちます。


Y様は鍼、超音波で施術をしてみたところ、最初の辛さ、痛みが10だとし、痛くないのが0だとすると、施術後は2くらいまで数字が減ったとご感想をいただきました。2ということは8割痛みは無くなったということです。そして2割は残っているという事実がありますが、調整後に完全に0になることは少なく、少し時間が経つとさらに楽になるものなので、数字的にはまずは5割減れば及第点と考えます。

19歳という若さは回復力も半端でないことを痛感いたしました次第てあります。


ハイボルテージ電気と超音波を合わせたコンビネーションが可能な超音波治療器具は捻挫や打撲などの外傷系以外にも、美容系、肩こりや首コリ、腰痛などの筋疲労系の調整にも大いに役立ちます。

◆ミュージシャンの方はお気軽にご相談くださいませ。