腰椎椎間板ヘルニア手術後の鍼灸治療の症例をご紹介させていただきます。

50代の女性で、腰椎椎間板ヘルニアの手術後6年経過しているに関わらず、腰の痛み、太もも、膝の痛みでお悩みの方です。治療開始から約半年経過しての症例です。



主訴:腰痛、臀部痛、太腿の横、及び後ろ側の痛み、ひきつれ感、膝の外側の痛み。

当院へ来られた当初は、腰の筋肉が固すぎて鍼が中々入りにくい状態でした。

他の整体や鍼灸院ではあまり太腿裏のストレッチを行ってもらえないので、しっかりと伸ばしてほしいとのことでした。


実際にハムストリングスという半腱様筋、半膜様筋、大腿二頭筋でなる筋肉群を伸ばしてみると、固すぎて伸びません。少し負荷をかけるだけで「痛み」が出てきてしまうほどでした。


ハムストリングスの他にもお尻の筋肉群全体、太腿の横にある腸脛靭帯という長い靭帯の痛みなど、多岐にわたる辛さにお悩みの状態でした。特に腸脛靭帯の硬さは尋常ではなく、不用意に膝を曲げると「いたた!」となってしまうほどです。



しかしながら、手術後6年も経過しているので、痛くない範囲でのみのストレッチや手技療法ではまったく効果が望めません。リハビリという観点からも、我慢できるギリギリのところまでストレッチを行います。

これは筋肉群や靭帯自体が悪いのではなく、腰から出ている神経の影響から固くなっているのもありますので徐々にではありますが、しっかりと伸ばしていくのが大事になります。


手術を担当されたドクターがおっしゃるには痛い箇所は靭帯であり、神経痛ではないという診断をされたご様子です。腰痛に関しては手術しても筋肉が硬直して、痛みやこわばり感が出てくるものです、との説明も受けたそうです。腸脛靭帯が痛くなる理由に関しては説明されていないそうです。


鍼灸治療 開始初期時

腰椎3番か5番目の腰の骨部分にある手術痕の周りに、長めの鍼施術を行います。これは表にある筋肉から深いとろこにある筋肉を同時に刺激して、緊張を緩和させるために深めに刺していきます。


こうすることによって深部にある筋肉へのアプローチが可能なため、足に走行している神経の緊張緩和も期待ができるのです。しかし、鍼がなかなか入りにくいまでに固まってしまった状態なので、鍼に電極をつける低周波治療も同時に行います。


施術開始初期時はまずはこの低周波治療と痛み、違和感のるお尻の部位に灸頭鍼という鍼の上にお灸を乗せる施術方法で様子を見ていただいておりました。しかしながら施術開始初期時はあまり効果が出ず、鍼灸治療直後は3割程度の痛み緩和に止まりました。


鍼灸治療 開始中期

初期時までの治療ではなかなか緩和しにくいので今までの鍼治療にプラスして、手術痕の部位周辺にお灸を置いていきました。このお灸治療が中々の効果を発揮してくれて、今までより治療後の効果がかなり実感できることとなりました。

自由が丘の鍼灸院はりきゅうSOULAGÉ自由が丘のヘルニアのお灸治療の写真

ヘルニア手術後の鍼灸治療の様子 お尻にある絆創膏は灸頭鍼が倒れないために施しております。



鍼灸治療 現在

現在は低周波治療による鍼パルス治療はお休みして、手術痕の周りへの鍼、お灸治療にプラスして患部、膝の部位と大腿部腸脛靭帯へハイボルテージと超音波治療のコンビネーションチャネルにて超音波治療を施しております。


鍼治療、整体調整に超音波治療を加えた後は、腰部の筋肉の過緊張がかなり緩和され、痛みが緩和されてきているとのことです。さらに入りにくかった鍼も以前よりは入りやすくなり、組織が緩んできているのがわかります。


患者様も以前より痛みを感じにくくなってかなり楽になったとのご感想を頂戴しております。


こちらの患者様は週に一度ご来院いただいており、鍼灸、整体施術に加えて超音波治療は3回に一回程度の治療となりました。ヘルニアの手術は歩けないほどの辛さや症状は解消されますが、どうしても違和感や腰痛、場合よっては神経痛などの煩わしい痛みなどに悩まされてしまう方が多くおれます。


そういった手術後の


超音波治療はスポーツ障害やスポーツによる筋疲労解消のほかにも、手根管症候群や腱鞘炎、座骨神経痛、ぎっくり腰、寝違えなどに効果が期待できますのでお辛い思いをされてお悩みの方はご相談ください。



コンビネーション超音波治療とは

自由が丘鍼灸院はりきゅうSOULAGÉ自由が丘 超音波治療の説明写真

①ハイボルテージとは高電圧電流を使用して、高い鎮痛効果を得られる治療法です。

電気特有のピリピリとした感じが少ないために、電気が苦手な方にも受けていただきやすい治療法です。


②超音波治療

1秒間に100万から300万回の振動で、温め効果とミクロマッサージ効果にて、該当する筋肉、靭帯をほぐして痛みや違和感を解消する治療法です。


※コンビネーションとは電気治療のハイボルテージ治療と超音波治療を同時に行うことをコンビネーション治療と言います。

超音波治療及び電気療法は、体内に金属が入っている方(人口関節や骨をボルト、プレートで止めている方、腫瘍のある方など)は施術することができません。ご了承くださいませ。詳しくはお問い合わせください。



はりきゅうSOULAGÉ自由が丘

東京都目黒区自由が丘 1-24-6 山本ビル302

TEL 03-5726-8618


Homeにもどる

美容鍼のページ

美容新コラムTopに戻る

美容メニュー・料金

一般施術料金

当サロンへのアクセス