暦の上ではすでに春なのですが、体自体は昨今の天候不順の影響からか、冬仕様のままでいいのか?それとも暖かい仕様に体のリズムを変更すればいいのか?悪天候の影響で体内リズムが乱れてしまっていることが多くみられます。こうなってしまうと自律神経の調子がきちんと発揮できにくくなるので、お肌にも影響が出てきてしまいます。


これではもったいないので、美容鍼とお灸でお身体のリズムを整える事をおすすめします。


ここ最近美容鍼は大変に人気のあるメニューで、鍼灸治療を受けられたことのない方でも美容鍼目的でご来店されるお客様が多くなっております。メディアでもアイドルの方やモデルさんが美容鍼をしている自撮りをインスタグラム、facebookなどにアップしているのをよく見かけるほどです。そういった理由からでしょうか?20代から50代の方のご要望が非常に高まっています。鍼灸院や整骨院ではもはや美容鍼をしていないところはない、というほどです。



お肌のお疲れに


お顔のハリや瑞々しさは血液の循環やリンパ、筋肉の張りで保たれています。寒さからくる乾燥、寝不足や偏った食事、過度なアルコール摂取、甘いのもの摂りすぎ、塩分のとりすぎによるむくみ、ストレスからくる冷えなど…疲れてしまったお顔になる要因は事欠かないですね。しかもどれもが誰にでも当てはまりやすい状況です。


疲れたお顔とさよならするには、血液循環を良くしてお肌や筋肉に新鮮な栄養素を運んであげ、不要になった物質をリンパ管や毛細血管に吸い取ってもらうように促さないとなりません。


それには美容鍼がやはりおすすめですね。


理由としては鍼を刺すと、体は異物が入ってきた!と認識します。

物理的にも皮膚や筋肉を突き破っているのは確かなので、これを修復しようと抵抗成分、修復成分が血管内を遊走してきます。

他にも筋肉には過度に緊張しすぎないようにリミッターがついています。このリミッターを逆手にとって笑うことが少なくなってきて硬くなった表情筋を緩めてあげることができるのです。



リミッターを逆手に取るとはどういうことなのでしょう?


鍼を刺すということは皮膚を突き破っています。通常は鍼が刺さったとすれば、痛いので痛覚が反応して筋肉を収縮させます。この時、収縮した筋肉が過度にならないように抑制する命令が脳から出るのですね。この抑制する作用が凝り固まった筋肉の緊張を解いて血液循環が良くなりますよ、という生理学的機序があるのです。人の体は上手にできています。


こうして鍼を刺すことによってこれらの生理現象をうまく利用して、お顔のハリやキレイさを引きだします。

美容鍼時のもう一つの施術方法として、鍼パルスを利用するやり方もあります。これは鍼に電気を流して電気の力で筋肉を刺激して、引き締め効果を狙うものなんです。

筋肉というのは元々が電気信号で動いているので、これを機械的に電気を流して動かそうというものなんですね。鍼パルスをしている時は意に反して勝手に筋肉が動くので、「おもしろい!」というご意見もあります。

もちろん、電気を流されるのは怖いし嫌だ、という方には行いませんのでご安心ください。


美容鍼をする前には手技にてお顔、首回り、耳周り、耳、側頭部などへの手技調整もおこないます。マッサージ的な手技の他にも、首回りの筋肉である胸鎖乳突筋、斜角筋のストレッチも行います。お顔だけじゃなく、周りも調整してあげるとさらに良い結果に導きやすくなります。




お灸はどう使うの?


当サロンではお灸をお顔に直接置いたりはしない施術をしています。これも鍼灸師によってはいろいろな考えがあると思いますので、おやりになる鍼灸師の先生もおられるでしょう。


ではお灸はどう使いましょう?ってことになりますよね。

当サロンではお顔や首回り、肩周りの筋肉も緩めたいので、ここはお灸といっても転がすタイプのローラー灸の出番です。

以下の写真がローラー灸の1番小さいタイプのものです。ローラー灸について詳しくは当ブログのお灸の種類の項目をご覧ください

東京目黒区自由が丘鍼灸整体院スラージュの小さいタイプのローラー灸


こちらのお顔にも使える小さいローラー灸で、転がし刺激を入れながら温めます。同時に首、肩周りもローラー灸で温めることもあります。お顔にそんなの嫌です。という方にはもちろん施術は行いませんのでご安心ください。


タオルの上から転がしていくのですが、これを受けたかった!と仰るお客様もいらっしゃいました。ローラー灸ってここ最近知られるようになってきたのですね。いいことです。


さて、場合によってはこのローラー灸。頭部にも施術ができるので美容鍼だけでなく、ストレス疲れや温めると楽になる緊張性頭痛時にも頭部への施術が可能です。あったかい刺激でコロコロ刺激されるのは新鮮な感覚だと思います。もちろんタオルをかけての施術なのでご安心ください。


お灸はよく知られている、「せんねん灸」以外にも種類が豊富にあるので、その時にあった調整法をチョイスしながら施術にあたります。


美容鍼は週に1回、もしくは2週に1回のペースで受けられることをお勧めいたします。


まずはお風呂にゆっくり浸かってお体を温め、春先に向けて固まったお顔の筋肉を動かして準備をしましょう。

冷やさないようにお身体御自愛くださいませ。


Homeにもどる

美容鍼のページ

美容新コラムTopに戻る

美容メニュー・料金

一般施術料金

当サロンへのアクセス