美容鍼灸を受けにお越しになるお客様の中には「肩こり」でお悩みの方も多くおられます。前のコラムにて「肩こりとお顔のたるみの関係」で記述させていただきましたように、肩こりとお顔の関係は切っても切れない、というのは過言ではないと思います。肩こりに効果のあると言われているツボは肩まわり、首回りにもありますが腕、肘のあたり、手の親指の付け根にも有名な「合谷」というツボがあります。


美容鍼灸と関連のあるツボ「合谷」

合谷(ごうこく)というツボはとても有名で万能ツボとも言われています。
ツボの所属としては「陽明大腸系」という腸に関連していると考えられています。ツボというのは陰と陽という二面性のバランスから成り立っています。裏や表とも言えます。
合谷穴は陽の部類になるのですが、対になる陰にあたるラインは太陰肺経という経絡(けいらく)があります。大腸系と肺経は陰と陽でバランスを取っていますので、合谷穴は肺とも関連があるとも考えられます。


合谷はどこにあるの?

合谷は手の親指と人差し指の付け根の間にあります。ここは無意識に抑えたり揉んだり等されたことがあるのではないでしょうか?
合谷を指圧するとイタ気持ち良い感じになり、抑えるのがお好きな方も多いのではないでしょうか?この合谷は肩こりの鍼灸でご来院される方の8割以上の方にコリとでもいいましょうか、硬さや張りが見受けられ、ご自分で押されている方も多くいらっしゃいます。


合谷の効果は?

合谷は大腸経の「原穴」であり、色々な効果があると言われています。お腹の調子を整えたり、ストレス緩和や歯痛、鼻水、吹き出物、お顔、目の疲れや肩こりなどにも良い結果をもたらしてくれるとも言われており肩まわりの筋肉、経絡を整えてくれます。
肩こりという慢性的な辛さの他にも四十肩や五十肩などの肩関節周囲炎の痛み緩和にも効果が見込まれます。

合谷置鍼

とても万能でお肌に大切な腸や呼吸器系も整えてくれる合谷。押せばいいのはわかったけれど、セルフでやるにはめんどくさかったり、ずっと押しているのも疲れてしまうのではないでしょうか?
現代の働く女性は毎日パソコンを酷使している環境や、職場内の人間関係からストレスを感じて肩こりやお身体のだるさ、やる気の減衰、お腹の調子の低下などに見舞われている方が多くおられます。合谷はとても万能なのはわかったけれど、ずっと押しているわけにもいかないし押し続けるのはこれまた疲れてしまいますね。

当サロンでは美容にも関連のある肩こりや、首こりなど肩周りの辛さ解消に「置鍼」をお勧めしています。

自由が丘美容鍼鍼灸院スラージュの美容鍼にも使用する置鍼の写真

置鍼の写真

オレンジ色がお身体の中に刺入するタイプの鍼付きの置鍼
紫色はお身体の中には刺入しないタイプのもので、よりソフトな刺激のたいぷの置鍼です。体内に鍼が入らないいので鍼がお身体の中に入ったままの状態が不安な方にはこちらがおすすめです。

自由が丘美容鍼鍼灸院スラージュ 置鍼をケースから出した写真ケースから出した状態の置鍼


写真ではわかりにくいのが申し訳ありませんが、こちらが置鍼です。お肌に貼り付けても目立たないように、肌色のシールになっており、その中央に微細な鍼が付いています。
こちらは体内に入るタイプですが、鍼の長さが0.3mmと超短いので痛みや違和感を感じにくくなっています。鍼の長さが0.3mmではありますが、しっかりと作用してくれます。


自由が丘美容鍼鍼灸院スラージュの合谷に置鍼をした写真こちらが実際に合谷穴に置鍼を施術した写真です


写真でもわかりにくいように、肌色ですので悪目立ちせず貼ることができるタイプです。ですが、電車のつり革などにつかまってしまうとつけていることがわかってしまうかもしれないデメリットはあります。
しかしながらそのデメリットを払拭させるほどの効果が期待でき実際肩こり、首こり持ちの私自身愛用しその効果を実感しています。もちろん個人差がありますので、100%ではないことをご理解ください。
合谷穴はとても有名で効果も高いためにテレビや女性向け雑誌、健康志向の雑誌等で紹介されることがあるのでご存知の方も非常に多いと思います。


この置鍼はお風呂に入っても剥がれにくく、1週間ほどは貼り付けて応えますが、ノリが付着していますのでお肌が弱い方はかゆくなったり、かぶれてしまう可能性もあります。そういったときは我慢せず、剥がしてしまうようにされてください。

その他にも美容に効くツボ、お疲れに効果のあるツボなど多数ございます。
まずはご相談くださいませ。


置鍼は1個 ¥200でご提供しております。


美容鍼のページ

美容新コラムTopページに戻る

Homeに行く

当サロンへのアクセス

美容メニュー・料金

一般施術料金